北海道おみやげ研究所

 北海道土産のヒット商品を生み出す

 2018年1月23日、新千歳空港の老舗土産店「スカイショップ小笠原」と、楽天市場で海外部門のショップオブザ・イヤーを3年連続受賞した北海道の土産品のネットショップ「北海道お土産探検隊」を運営する(株)山ト小笠原商店と、 商品開発やファン育成を支援するマーケティング会社、(株)エルアイズが協同で『北海道おみやげ研究所』を設立しました。
北海道の良質な食材を使い、北海道で作られるお土産品をメーカーさんと共に計画的に開発し、道内外をはじめ、 世界に向けて売れるロングセラー商品に育てていくことが目的です。

 商品開発、販売、広報を包括的に支援

 作り手(道内メーカー様や生産者様)の可能性や思いをうかがってプロジェクトチームを作り、マーケティングプロセスをきちんと踏んで商品開発を進行します。(別添資料「商品開発のしくみ」ご参照)
 新商品の売れ行きを順調に伸ばすためには、広報・販売促進は今や必須。商品開発とともに販売促進企画も行い、 実務をお手伝いします。

 販路の事前確定、成功報酬

 北海道おみやげ研究所と一緒に開発するメリットは、販路が小笠原商店の実店舗や通販部門で確保されていることです。販路は今後、協力企業との提携を進め、生産可能量に合わせて売上を上げていける体制を整えていきます。
 もう一つのメリットはマーケティングコンサルフィーが商品生産後の成功報酬制であることです。メーカー企業の商品開発 部やマーケティング部、広報部門のマンパワーとして当該商品をバックアップします。

北海道中の生産者、
メーカーのみなさんの良い商品を
世界一売る会社を目指して、
努力して参ります。